CRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MONCRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MON

江戸表具

えどひょうぐ

江戸表具 写真

数百年前の書画が、今も美しく存在している理由。
数百年前の書画が今も美しく保存されているのは、表具によって書画の本紙をはじめ、周囲を裂や和紙で補強し、仕立て直しているためである。書家や画家からオーダーを受けた表具師はまず、直感的に色や柄の取り合わせをイメージする。作品の雰囲気を生かすも殺すも裂地次第。顧客の趣味や生活様式を参考に、対話を重ねながら裂地の質感や配色を決めていく。本紙の劣化を防ぐ裏打ちでは、しっとりと柔らかくなるまで五〜十年保存した和紙を作品の裏に貼り付ける。無論、作品はひとつしかなく、失敗は許されない。職人は目に見えない部分で手を抜くことを「逃げ」と呼んで忌み嫌い、命の次に大切な道具を他人に触らせることはない。そうした職人の矜恃は揺るぎなく、日本画、書、版画、茶道など、あらゆる素養を身につけ、生涯の宝とする。近年は、あらかじめ取り合わせが決められた作品や、海外から送られてきた作品にも対応しているが、対話を重んじ、作品を引き立て、保存性を高めるという信念を失うことはない。
東京表具経師内装文化協会
東京都台東区東上野4-10-14
第2東ビル402号室