東京の伝統工芸品東京の伝統工芸品

赤間硯

あかますずり

赤間硯 写真

赤間硯は鎌倉時代の初めに、鶴岡八幡宮に奉納されたという記録があります。江戸時代中期には各地で売り広められました。毛利氏が藩を治めていた時代には、原料となる石が採れる山は御止山(おとめやま)として一般には入山を禁じられ、参勤交代の贈り物等として硯が必要になると、藩主の命令で採掘がされました。こうした事情から、長州藩の名産として簡単に手に入れることのできないものでした。
山口県赤間硯生産協同組合
山口県宇部市船木365-1
楠総合支所経済課商工観光係内