東京の伝統工芸品東京の伝統工芸品

紀州へら竿

きしゅうへらざお

紀州へら竿 写真

紀州へら竿は、竿師の高い技術力で作られるへら鮒用の釣り竿です。その製造技 法は、明治10年代に大阪市で確立し、その後、原材料である高野竹(スズ竹) の産地に近い和歌山県橋本市に根付いて今日に至ります。昭和初期からのへら鮒 釣りブームもあり、へら竿づくりは定着し、以後多くの釣り師に愛されてきました。
紀州製竿組合
和歌山県橋本市清水220-4