東京の伝統工芸品東京の伝統工芸品

大阪泉州桐箪笥

おおさかせんしゅうきりたんす

大阪泉州桐箪笥 写真

農業をするかたわらに行われた、近所で採れるキハダやキリの木を使った、箱等の簡単な指物作りは、江戸時代中期に始まったと言われています。江戸時代後期から明治時代にかけて一大産地を形成しました。キリの柾目(まさめ)を活かし、木釘と各種組み接ぎ(くみつぎ)技法を凝らした組立から、磨き着色に至るまで、伝統技法を脈々と伝えています。
大阪泉州桐箪笥製造協同組合
大阪府岸和田市吉井町1-19-8