東京の伝統工芸品東京の伝統工芸品

春日部桐箪笥

かすかべきりたんす

春日部桐箪笥 写真

江戸時代初期、日光東照宮を作るために集まった職人が、日光街道の宿場町である春日部に住みつき、周辺で採れるキリの木を材料とした指物や小物を作り始めたのが始まりであると伝えられています。江戸時代中頃の文献に、10人ほどの業者が記されていることや、「明和9年(1772年)」の裏書きのある桐箪笥が現存すること等から、すでに産地の形が整い始めたのがうかがえます。
春日部桐たんす組合
埼玉県春日部市豊野町1-1-9
飯島桐箪笥製作所内