東京の伝統工芸品東京の伝統工芸品

樺細工

かばざいく

樺細工 写真

樺細工は、18世紀末に、佐竹北家により、秋田県北部の阿仁地方から角館に技法が伝えられたのが始まりとされています。佐竹北家の城主に手厚く保護を受けた樺細工は、下級武士の副業として広まりました。明治時代に入ると、禄を失った武士が、収入を得るために本格的に取り組んだことで、今日の原型と言える作品が作られるようになりました。
角館工芸協同組合
秋田県仙北市角館町外ノ山18