東京の伝統工芸品東京の伝統工芸品

堺打刃物

さかいうちはもの

堺打刃物 写真

16世紀の中頃、ポルトガル人によって鉄砲、たばこが伝来しました。16世紀の後半には、たばこの葉を刻む「たばこ包丁」が堺で作られるようになり、徳川幕府は堺に「極印」という品質証明の印を与え、専売を許可したために、堺刃物の切れ味と名声は全国各地へと広がりました。江戸時代中期には、出刃包丁が出現し、その後各種の包丁が作られるようになりました。
堺刃物商工業協同組合連合会
大阪府堺市堺区材木町西1-1-30
堺刃物伝統産業会館内