CRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MONCRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MON

東京七宝

とうきょうしっぽう

東京七宝 写真

国の英雄を讃えるための技術を、日々の装いに。
七宝焼きとは、金属製の素地の上に色ガラスの粉の釉薬を高温で焼き付け、彩色を施した工芸品である。17〜19世紀、幕府専属の七宝師による技術は門外不出とされた。19世紀後半には政府の勲章を作るために西洋の技術を取り入れ、東京七宝として進化を遂げてきた。色ごとの境界の明瞭さ、色鮮やかな図柄の精巧さは高く評価され、校章や記章などに広く用いられている。現在、海外ではガラス素材を用いた七宝は積極的に生産されておらず、日本独自の技術だともいえる。東京七宝の職人がガラス素材にこだわるのは、仕上がりの美しい質感、透明感がほかの素材では得られないためだ。一色ごとに焼き付けを繰り返し、表面を研磨することで柄を浮かび上がらせる。巧みに使い分けられた透明色と不透明色が平面に奥行きを与え、完成品は落ち着きのある輝きを放つ。タイピンやカフスボタン、ピアスやペンダント、ネックレスなど用途は幅広く、オーダーメイドで浮世絵をモチーフにした七宝を作ることも可能だ。
東京七宝工芸組合
東京都台東区元浅草1-2-1
坂森七宝工芸店内