CRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MONCRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MON

江戸からかみ

えどからかみ

暮らしは変わる。美意識は受け継がれる。
江戸からかみは、日本家屋の間仕切りである襖の装飾として発展を遂げた。仏教の経典や和歌をしたためる紙を装飾したことが始まりで、長い歴史の中で技術が磨かれてきた。現在では襖をはじめ壁紙、タペストリーへと用途が広がっている。多種多彩な文様を和紙に表現するため、制作には独自の技術を持った複数の職人が携わる。版木に彫刻された文様を木版手摺りで和紙に写す唐紙師、金銀箔や箔を粉にした砂子で飾り付ける砂子師、織物の型紙染めを応用して文様を摺り込む更紗師が、技を競い合うように江戸からかみを作り上げてきた。町人文化を反映した文様は大らかさとダイナミックさを特徴とし、草花や波といった伝統的なモチーフは普遍的で洗練されたデザイン性を持つ。モダンな空間に江戸の美意識が溶け込み、和紙の温もりある質感が落ち着きをもたらす。襖に江戸からかみを用いた東京の住宅は人気が高く、ホテルなどでの使用も広まっている。また、江戸からかみの魅力を広く知ってもらうために、封筒や文房具などの製品も手がけている。
江戸からかみ協同組合
東京都台東区東上野6-1-3
(株)東京松屋内