CRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MONCRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MON

多摩織

たまおり

多摩織 写真

幾何学模様に、人の手が心地よいノイズを加える。
東京都の南西部に位置する八王子は、かつて桑の都と呼ばれ、養蚕と製糸、織物業の一大産地として栄えた。多摩織は、その八王子織物をルーツとする五つの織物の総称であり、絹織物の多品種産地が育んできた多様な技法の集大成と称される。時代ごとにモードの先端を担った色や柄を今も受け継いでいる。染色した千二百本の生糸をずらして柄を織る「ずらし絣」は、幾何学的な絣柄に計算された変化を与える高度な技法である。ひと織りごとに両手両足を用いて織機を操作し、織り具合を微調整することで、手仕事ならではの自然な風合いがもたらされる。紡ぎ糸の素朴な手触りを持ち、シンプルな柄や色によって東京の“粋”を体現。普段使いで着続けても飽きのこない普遍的な魅力を備える。全工程を手作業で行っているため、反物は希少にして高価だが、多くの人に多摩織の持つ手触りや柄を楽しんでほしいとの想いから、ネクタイや帽子、ストールなどの制作も行っている。
八王子織物工業組合
東京都八王子市八幡町11-2