CRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MONCRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MON

江戸木目込人形

えどきめこみにんぎょう

江戸木目込人形 写真

親から見ると、それは玩具ではなく、かけがえのないお守りだった。
親が子の成長や健康を祈り、人形を贈る風習は、古くから受け継がれてきた日本固有の文化である。人形は製法によって衣裳着人形と木目込人形に大別される。18世紀に京都で発祥したとされる木目込人形は、胴体の原型に溝を彫り、衣裳となる布地を貼り付ける日本独自の技法を持つ。あたかも衣裳を着ているかのような自然な佇まいは、木目込みと呼ばれる技法がもたらす特徴だ。主に玩具として扱われる海外の人形に対し、日本では人形に魂が宿ると信じられ、子どもを厄災から守る厄除けとしての側面を持つ。そのため、職人は人形に想いを込め、子が成長したときに親の深い愛を実感できるよう、頑丈で型崩れしない素材と製法を追求している。衣裳は8〜12世紀頃の高貴な宮廷装束を再現し、着物のミニアチュールとして海外の人形コレクターをも魅了。高い技術力を信頼され、江戸木目込人形の修理の依頼もあるという。特別な想いや文化的背景と共に人形を世界に広める志の下、インテリアやアクセサリー、雑貨も制作している。
東京都雛人形工業協同組合
東京都台東区柳橋2-1-9東商センタービル4階