CRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MONCRAFT CROSSINGS in TOKYO 第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 東京大会 11.3FRI-11.6MON

HOUSE OF LOTUS × 江戸つまみ簪

繊細なつまみ細工で作り上げられた、
白無垢の花嫁のためのブーケ

桐島かれんさんと杉野聡子さんコラボ写真01

江戸つまみ簪とコラボレーションするのは、モデルや女優としても活躍している桐島かれんさんがクリエイティブディレクターを務めるライフクラフトブランド「HOUSE OF LOTUS」です。
江戸つまみ簪の制作を担当するのはつまみ細工作家の杉野聡子さん。

「つまみ細工」は、正方形にカットした布をつまんで作るところから名付けられた技法で、今では趣味の手芸として楽しむ人もいるそうです。

今回のコラボ作品は白無垢の花嫁のためのブーケ。
芯材に、無数のつまみ細工の花が飾られた球体のブーケです。

使用している布はちりめん、綸子に加え、HOUSE OF LOTUSがセレクトした布もあります。
質感、微妙な色合いは布によって異なります。
ベージュのような黄味がかったオフホワイト、際立つような純白、透明感がある白、同じ白でも、布が生み出す様々な表情が重なり合い、寄り集まって、ひとつの白いブーケとなります。

桐島かれんさんと杉野聡子さんコラボ写真02

球体に下げる房飾りもすべて白。
フリンジの根元の飾りも違えば、使っている素材も異なります。
房を選び、花を選ぶ。
まるで生け花のように、美しいひとつのつまみ細工が集まり、より一層美しさを増します。

桐島かれんさんと杉野聡子さんコラボ写真03

白い花ひとつひとつには表情があり、ただ刺していくだけでは球体がいびつになります。
花をどのように重ねていくのか、隙間をどのように仕上げていくのか、完成イメージを共有しながら議論が進められました。

桐島かれんさんと杉野聡子さんコラボ写真04

デザインや素材、花の位置だけでなく、展示イメージについても議論され、
完成した作品は洗練された美しさ、伝統工芸の技術の高さが際立っています。

桐島さんのデザイン感覚と、杉野さんの洗練された技術とが合わさり、江戸つまみ簪という伝統工芸が新しい“花”を咲かせます。